部屋がなくても大丈夫!理想のリモートワークスペースを自宅に作る3つのポイント

仕事のこと

コロナ禍により新しい働き方として定着しつつある「リモートワーク」。日本の住宅事情では仕事用のスペースを確保できず、リビングや寝室を仕事部屋にしている、という方も多いのではないでしょうか。
今回は自宅でリモートワークのスペースを作るアイディアを紹介します。

リモートワークのスペースを整えると生産性UP?!

自宅でリモートワークのスペースを作るとしたらどんなことに気を付ければいいのでしょうか?

リモートワークスペースに必要な広さ

ノートパソコンを使ってリモートワークをする場合、必要なデスクの幅は60~80㎝、奥行きは45~60㎝が目安になります。モニターを接続する場合は、さらに40㎝ほど広めの幅と15~20㎝ほどの奥行きが必要です。
デスクトップパソコンでも幅はノートパソコンと同じで大丈夫ですが、奥行きは60~80㎝必要になります。

子育てママのリモートワークスペースの作り方

小さな子どもがいるママさんなら、子どもの様子を見ながら仕事ができるリビングの一角にスペースを設けてみてはいかがでしょうか。しかし、中には子どもの様子が気になりすぎて仕事がはかどらない方もいらっしゃるかもしれません。そんな場合は、壁と向き合うように机を配置したり、棚やカーテンを使ってデスク周りを半個室にするのもGood!子どもの気配を感じながら、仕事の集中力も研ぎらせない工夫をしましょう。

また、家族がいて部屋が余っていない場合は、寝室をリモートワークスペースに変えることもできます。リビングやダイニングから距離が離れていれば、生活音も聞こえにくく集中できる環境かもしれません。
さらに集中力をあげるために壁向きにデスクを設置したり、本棚などを置いて視界を遮るなど工夫すれば快適な空間が作れます。

リモートワークスペースを作る3つのポイント

自宅でリモートワークスペースを作るにはどんなところに注意すればいいでしょうか。3つのポイントを紹介します。

照明の確保

リビング、寝室、階段下、ウォークインクローゼット、キッチンなど、場所に関わらずリモートワークスペースを確保で来たら、明るさが足りているかチェックしましょう。「ちょっと暗いけどこのくらいなら大丈夫だから…」と放ってしまうと、目に負担がかかり、視力に影響が出るかもしれません。
明るさが足りないときは、フロアランプやデスクスタンドなどを購入して明るさを確保しましょう。

コンセントの確保

次にチェックしたいのはコンセントの位置と数です。リモートワークの作業ではパソコンだけでなく、モニターを使ったり、プリンターやスマホの充電、明るさを確保するデスクスタンドなどでコンセントが複数必要になる可能性があります。
足りない場合は延長コードを用意しましょう。また、配線をすっきりさせて、見た目の悪さはもちろん、子どもが足を引っかけて転倒するなどの事故を防ぐことも大事です。

集中しやすい環境作り

視界にモノが入ってくるとどうしても気が散ってしまい、作業効率が落ちてしまいます。リモートワークするときはできるだけパソコン画面しかしかいにはいらないよう、配置に注意しましょう。
壁向きに配置したり、パーテンションや本棚などで物理的に見えなくするなど、仕事とは関係ないものが目に入らないような環境を作りましょう。

自宅にリモートワークスペースを確保するおすすめアイテム


リビングや寝室などをリモートワークスペースにするときに使えるおすすめのアイテムを紹介します。

パーテンション

紙製のパーテンションで、重量約5kgと女性でも楽々持ち運びができます。折りたためば厚み約9㎝と省スペースで、収納にも困りません。

個室テント

集中しやすい閉鎖空間を作れる個室テント。底が空いているので上からかぶせるようにしてテントを配置することもできます。
窓部分は「メッシュ生地」と「テント生地」の2構造で、外からの視線をカットしながら通気性を確保できます。

自宅に理想のリモートワークスペースを作ろう!

落ち着かない環境では仕事の生産性が下がってしまいます。仕事部屋がなくても工夫次第で理想のリモートワークスペースを作ることは可能です。ぜひこの機会に自宅のリモートワーク環境を整えてみましょう。

営業製作所株式会社では全国の子育てママさんたちが完全在宅でお仕事中!1時間1,100円~の時給に変えませんか。詳しい求人内容は公式サイトをチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました