ワーキングママという働き方!子育てと仕事を両立させる5つのポイント

子育てママの働き方

子育てとお仕事を両立させたいと願うワーキングママが近年増加傾向にあります。働きながら子育てをするなんて大変そう、と思われるかもしれませんが、セールスバンクでは全国のママさんたちが子育てと仕事を両立させながら働いています
今回はワーキングママという働き方を選ぶ際に子育てと仕事を両立させる5つのポイントについてまとめました。

ワーキングママという働き方

まずはワーキングママという働き方について詳しくみていきましょう。

子育てしながら仕事をするワーキングママはどのくらいいるの?

厚生労働省の「国民生活基礎調査 令和元年国民生活基礎調査」で未就学児(0~6歳)の子どもがいるママの仕事の有無は子供の年齢ごとに若干の変動はありますがおおよそ半々でした。
特に幼稚園に入園する3歳児以降からはワーキングママ率が2倍にあがっていき、小学校入学する7歳になると4倍もの差がでました。

ワーキングママの1日

働きたいと思っているママにとって、先輩ママたちがどんな風に時間をやりくりしているのか気になるところ。セールスバンクで働くママのタイムスケジュールをご紹介します。

ワーキングママが子育てと仕事を両立させるための5つのポイント

働きたいママたちにとって子育てと仕事を両立の悩みはつきもの。ワーキングママという働き方を選ぶにあたり意識したい5つのポイントをまとめました。

優先順位をつける

多忙なワーキングママにとって時間配分はとても重要!優先順位を決めて優先度の高いものから効率的にこなしていきましょう。

子育てしやすい仕事を選ぶ

いくら効率化を図っても、子どもがいなかったときと同じように働くことはワーキングママにはできません。子育てと仕事を両立できる環境の職場や仕事を選ぶことも大事です。

完ぺき主義をやめる

子育ても仕事もすべてを完ぺきにこなそうとすると、パンクしてしまいます。周りの人に協力を求めながら、無理せず頑張りすぎず、上手に手を抜くのも大切です。

自分の時間を作る

子育てに仕事に家事に…と追われていると、どうしても自分の時間が後回しになってしまいます。しかし、自分の時間を持つことは英気を養ったりリラックスするために必要なもの。
子供が寝た後にサブスクでドラマや映画を観たり、休日はパパに少しだけ子どもを預けてカフェに行ったり、短くても自分の時間を作るようにしましょう。

家族や子どもとの時間を作る

仕事に追われて子どもや家族と触れ合う時間が取れない…なんて不安を抱える方も少なくありません。自分の時間の確保と同じくらい家族や子どもとの時間も大切!一緒に食事をしたり会話を楽しんだりする時間を意識的に作りましょう。
どれだけ忙しくてもきちんと子どもの話を聞いてあげることで、子どもの不安も解消され、安心感と自己肯定感を高めます

子育てと仕事を両立させるワーキングママという働き方!

いかがでしたでしょうか。先輩ワーキングママさんたちのタイムスケジュールの実例や5つのポイントを参考に、子育てと仕事の両立を図ってみてください。

セールスバンクでは全国のママさんたちが子育てと仕事を両立させながら働いています。働きたいママさんはぜひ公式サイトをチェックしてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました