スクリプトの作り方

話し合い インサイドセールス

 

皆様、こんにちは!セールスバンクの永嶋です!

最近「どんなスクリプトで話しているの??」とご質問をいただくことが多くなってきたので、スクリプトの作り方についてご紹介したいと思います。

 

ここで言うスクリプトの作り方は、

私たちが「ツイキャク」というサービスのご依頼をいただいた後に、お客様用に作成するスクリプトの作り方の事を指します。

基本構成

 

大前提、下記基本構成をもとに、お客様用にスクリプトをカスタマイズしていきます。

 
 

基本構成6段階

①【挨拶】1/1000の営業マンになる挨拶で

②【自己紹介】簡潔にサラッと

③【権威性】キラッと光る実績をサラッと(※ない場合は不要)

④【提案】具体的な提案で利益・可能性を描かせる

⑤【事例】近隣、同業者の事例などをサラッと伝えることで信頼アップ

⑥【日程打診】頭の中をカレンダーに

 
 

こちらの構成の詳細については既にご紹介済ですので、下記ブログを参照いただけますと幸いです。


 

ヒアリングの実施

 
 

基本構成の

③【権威性】キラッと光る実績をサラッと(※ない場合は不要)

④【提案】具体的な提案で利益・可能性を描かせる

⑤【事例】近隣、同業者の事例などをサラッと伝えることで信頼アップ

 
 

を整理していくために、お客様にヒアリングをさせていただきます。

 
 

弊社としてはできるだけ多くのネタがあった方が良いので、限定的な質問はせずに、

お客様が話しやすいようなインタビュー形式でヒアリングをさせていただいております。

 
 

・商品コンセプト

・強み、弱み

・使える時事ネタ

・実績、事例

・競合情報

 
 

など細かく伺っていきます。大体インタビューは平均で45~60分程いただいております。

 

アポイントターゲットによって微調整

 
 

ネタが揃いましたら、最後はターゲットによって、微調整をかけます。既にご紹介した基本構成は汎用的なものではありますが、経営者にテレアポをすることを前提に作られております。

 
 

対象が経営者ではなくご担当者であれば、実績でご判断される傾向があるので、

挨拶は控えめにして、実績、事例のボリュームを増やしたり、提案内容をより細かくしたり、といった調整をいたします。

 
 

また地方エリアに電話していく場合は、そのエリアでの実績があれば相当なアドバンテージになりますので、そのエリアでの事例を充実させていきます。もしなければ、提案内容を充実させることで補うなどの調整を行います

 

スクリプト完成までの期日

 
 

稼働状況にもよりますが、ヒアリング実施後翌日午前までには完成可能です。完成品をチェックしていただき、問題なければ、アポ取りスタートです。

 
 

つまり最短でインタビュー実施から翌日で架電が可能になります。

 
 

既存のスクリプトの修正などもご要望があれば行っておりますので、何なりとご相談くださいませ。

 
 

HPからでもSNSからでもお気軽にお問い合わせください。

▶︎ツイキャクお問い合わせ

▶︎Instagram:https://www.instagram.com/w_nagashima/

▶︎Twitter:https://mobile.twitter.com/jquonp9Qq3EPEOe

コメント

タイトルとURLをコピーしました