時間がない。お金がない。だからできない。

インターンシップ

こんにちは!!

インターンの岡田です!!

 

もう1月終わっちゃうの??

っていうぐらい時間が立つのが早いですね笑

 

今回はそんな状況において私なりの重要な考え方をお伝え致します!

 
 
 

夢を叶えたいけど、怠けてしまうあなたへ

 

 

「今年の抱負を毎回決めるけど、結局やっていない。」
「ずっとやりたいことがあるけど、行動におこせない。」

 

など、上記に当てはまる方は多いのではないでしょうか?

 
 

本当は夢に向かって頑張りたいけど、

何かと理由をつけて行動できないなど、心にグサって刺さりますね笑

 
 

私もそうでした笑

元々、根っからの怠惰人間です笑

 
 

そんな私が「夢」「やりたいこと」を実現するために心掛けていることをお伝えします!

物事を継続できない人向けの目標設定方法です!!

 

ずっとやりたかった「あれ」できちゃいます

 

 

この目標設定方法で計画を立てると三日坊主になってしまう方でも、ずっとやりたかった「あれ」に向かって行動することができます。

また進むべき道が明確になり、目標に向かって踏み出しやすくもなります!
やりたいことはあるけれど、なにからして良いかわからない方向けでもあります!
 
 

自制心があり、目標に向かって常に頑張れる人には正直オススメはしていませんので、

「なんだそんなこと?」って思い、時間の無駄になるので、ここで閉じて頂いて、結構です!!

 
 

なお、こちらはビジネスに置いての目標設定ではなく、人生、趣味などの自分のやりたいことに対する目標設定ですので、あしからず、、、

目標へたったの3段ジャンプ

 

 

怠惰な私がしている目標設定方法はたったの3ステップです!!

順序立てて説明します。

 
  1. なぜその目標を設定するのか

  2. 目標達成における要素を考える

  3. ロードマップを作成する

 

また今回はわかりやすいように「ヨーロッパ一周旅行」という目標を例にします!

なぜその目標を設定するのか?

 

言い換えれば、なぜそれをしたいのかです!

目標はただの手段でしかありません。

目標を達成したその先に得られるモノがほしいのです!

 
 

例えば、「ヨーロッパ一周旅行」においては旅行がしたいのが目標なのではなく、
様々な価値観が得られる、自分だけの時間が楽しめるなどが「本当に得たいもの」です。

 
 しかし、人間は「したい」と思うばかりに、手段である目標にとらわれてしまい、なぜしたいのかが抜け落ちてしまいます。
 
 

これを手段の目的化といいます。

(非常に好きな考え方なので、また後ほど記事にします!)

 
 

これでは、なにか辛い事、しんどい事があれば、すぐにやめてしまったり、目標に向かって頑張れなくなります。人間は表面的な目標だけでは継続して行動を起こせない生物です。

 
 

しかし、「なぜ」を考えることによって自分自身で利益可能性を描き頑張ることができます。これを達成したらこうなるから、少々つらいことでも頑張れるという風に、、、

 
 

なぜ、それがしたいのかを考える事から始めましょう。

それがまずは第一歩です。

目標達成における要素を考える。

 

これは次のステップに必要な為です!

「ヨーロッパ一周旅行」で考えてみると

・時間

・お金

・持ち物

・移動手段

・情報

 

などがあると思います。

この要素を更に、具体的に次のステップで落とし込みます。

 

ロードマップを作成

 

最後に抽出した要素をマイルストーン化してロードマップを作成します。
それぞれの要素を達成すれば、目標に到達するように設計します。下記の図は簡単に作ったものですが、参考にしてみてください

 

急いで作ったので、こんなものしか作れませんでした。更にここから、各項目の細かい具体的な行動に落として行きます。

 
 

ポイントは順番です!この左から順番に実行していきます。

 

そして、この順番は左のものがなければ、次の目標が達成できないもの順にを置いていきます。

目標によっては逆算してロードマップを作って行きます。

 
 

目標へむかってGO!

 

 

ここまでできれば、あとは実行するのみです!実行に関してはまた後日記事にします。
いくら計画を作成しても、実行しなければ意味がないです。

 
 

しかし、目標へのロードマップを作ることは非常に楽しいです!!妄想することが好きな方はめちゃくちゃハマると思います笑

 
 

まずは、こちらを読んだら何をしたいかをリストアップしてみましょう!

これをバケットリストといいます。書き出してみる言語化できて、再認識出来ます。

 
 

最後まで、読んで頂きありがとうございます!!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました