成功報酬は信じるな!

FAQ

 

今日は「成功報酬は信じるな!」と言うテーマで記事を書こうと思います。

 

こちらは購買の意思決定をされる経営者の方や、
マネージャーの方に見ていただきたい記事になります。

 

・テレアポ
・営業代行
・人材紹介
・SEO

 

などなど、様々な業界で成功報酬という言葉を目にすることはあるかと思います。

 

『リスクなくていいじゃない』

 と思う方も多いのではないでしょうか?
 仰る通りリスクがないに越したことはないです。
 

しかし、ここには大きな落とし穴が存在します。

 

成功報酬は信じるな

 

『成功報酬は信じるな!』です。

タイトルそのままです。

 

一つ誤解がないようにお伝えすると、全ての成功報酬サービスを否定するわけではなく、あくまで成功報酬という報酬形態の傾向に関して解説いたします。

 

私も成功報酬のサービスを販売してうまくいかなかった経験を踏まえて話します。

 

なぜ成功報酬を信じていけないか

 

なぜ成功報酬を信じていけないか。

 

理由は単純で『成功報酬=義務がない』からです。

 
 

??

 
 
 

大丈夫です。安心してください!わかりやすく説明します。
まずここで理解しなければいけないのは、権利と義務の関係です。

 
 
【権利】 ある物事をしてよい、またはしないでよいという資格。特に、(一定資格の者に対し)法が認めて保護する、特定の利益を主張・享受し得る力。
【義務】 法律上または道徳上、人や団体がしなくてはならない、また、してはならないこと

Wikipedia「権利」「義務」参照

 

 

簡単にいうと権利は、

 

・権利→約束したことができたら報酬ください
・義務→約束したことは絶対にやらなくてはいけない

 

もう少し具体的に解説します。
権利と義務の違いを学校と会社の例を用いて説明すると、

 

①学校←人(人が学校にお金を払っている)
②会社→人(会社が人にお金を払っている)

 

では質問です。ここで権利と義務の関係を整理します。

 

①学校←人(人が学校にお金を払っている)

・学校は人に教育する義務がある。
→教育をしなければいけない 

・人は学校で教育を受ける権利がある。
→勉強しなくてもいい

 

②会社→人(会社が人にお金を払っている)

・会社は人に働かせる権利がある。
→働かせなくてもいい

 ・人は会社で働く義務がある。

→働かなくてはならない

 

このようにお金がどちらに流れているかで権利と義務の関係が決まります。

 

成功報酬の権利と義務の関係

 

例えばテレアポ代行の場合で説明します。

 成功報酬はもちろん先にお金が発生しません。

そしてアポイントが取れた場合にのみ、報酬をもらう形になります。

なので下記のようになります。

 

①アポイントが取れていない時

テレアポ代行会社 ?? 依頼企業
→お互い何の権利も義務もない。

 

②アポイントが取れた時

テレアポ代行会社←依頼企業
→依頼企業がテレアポ代行会社に報酬を支払う義務がある。
→テレアポ代行会社は依頼企業から報酬を得る権利がある。

 

この関係として言えることは、依頼企業はテレアポ会社に『アポイントとってよ』と主張する権利がなく、テレアポ代行会社は活動する義務もないということになります。

 

その結果どうなるかというと、、、

 

『いつまでたってもアポイントが入らない。。。』
『本当に動いているの?』

 

という具合に契約はしているものの、依頼企業は待てど暮らせどアポイントが入ってこないということに陥ります。

 

なぜならば、テレアポ代行会社は ”義務” がないからです。

 

成功報酬の稼ぎ方

 

では成功報酬の会社はどのように稼いでいるのか??そんな疑問が湧いてきますよね。

 それでも成り立つ理由があるんです。
 それは単純で『割がいいところにリソースを集中させる』です。
 

成功報酬の会社の多くは契約自体は無料でたくさんの会社と契約をします。

 

例えば30社と契約した時に、一度テレアポしてみて、割がいい5社のみにアポイントを集中させる形になります。なぜなら多くの会社はバイトや契約社員がテレアポをしているので、固定費がかかってきます。早く取らないと赤字になってしまうので、もちろんながら効率の良い方を選びます。

 

割がいいというのは、

少ない電話数で高額の報酬が貰える案件になります。

ネームバリューがある大手のサービスの案件などがそれにあたいします。

 

ではネームバリューがない中小・スタートアップの会社はどうなるかというと、上記の通り待てど暮らせどアポが入ってこないという結果になります。

 

人材紹介会社の場合も同様です。

営業マン1人で30社ほど契約して、そこから最も報酬が高かったり、ネームバリューのある会社に紹介を集中させます。なぜなら、報酬も高いし、成約率も高いからです。

 

まとめると、ネームバリューがあるサービスや、会社、もしくは高額の報酬を渡せるのであれば成功報酬でもうまくいくでしょう。

しかしそうでない会社は成功報酬という言葉を信じてはいけません。

テレアポで成果を得る方法

 

私も過去成功報酬のサービスを利用しましたが、
面白いぐらい何の成果も提供してもらえませんでした。

 

そして答えはシンプルでした。答えは ”先にお金を払う” ことです。

これが最も大事なことです。

 

例えば成功報酬の会社でも先に100万円支払うのです。そして成果が出なければ返金してもらう契約にするのです。すると権利と義務の関係が変わります。

 

・テレアポ代行会社←依頼企業
→先に報酬を支払っているので依頼企業は催促する権利があり、

テレアポ代行会社は活動する義務があります。
こうなるとテレアポ代行会社も活動せざるを得ません。 

考えてみてください。

 

A『50件アポイント取れたら100万円渡すわ』
B『100万円渡すから絶対50件アポイントとって』

 

もし自分がテレアポ代行をやっているとして、どっちの方がプレッシャーを感じて頑張りますか?

 

もちろん”B”ですよね。

 

Bの方が辛いんです。クレームになるので。だから自信がないとできないんです。

 

裏を返すと成功報酬とは『自信がありません』と言っているのと同意です。

 

まとめると、成功報酬の会社には、お金を払ってコミットさせることが大事です。

 

デポジット式アポ代行『ツイキャク』

 

そんな経験をした自分だからこそ、お客さんが求めている成果に真剣に向き合って、コミットできるサービスを作りたいと思いできた弊社のサービスがあります。

 

それが ” デポジット式アポ代行『ツイキャク』” です。

弊社の天才デザイナーがイメージキャラ作ってくれました!

 

こちらは先にアポイント単価と件数を決めて、料金を頂戴してからアポイント代行を行うサービスです。もちろん取得件数までいかなければその分ご返金するので、実質リスクも0です。

▶︎デポジット式アポ代行 ツイキャク

 

サービス開始意向順調にお客様も伸びていることもさることながら、いただいたミッションを全て完遂できてます。

 

前述の仮説は間違っていませんでした。

 

SaaS系のIT企業様のみならず、運送業、産業廃棄物処理業、塗装業、注文住宅業などなど様々な業界の企業様をご支援させて頂いてます。

 

我々は、日本一コミットメントの高いサービスを目指します。

 

経営者、マネージャーの方は、アポイント代行や、我々に限らず、成功報酬の会社には先に報酬を支払うことでコミットメントさせることをお勧めします。

コメント

  1. […] 成功報酬は信じるな! テレアポへの考え方 何のために仕事してるの? […]

タイトルとURLをコピーしました